ドラムの入力

Zメンバーのドラムは、他のメンバーとはちょっと異なった記述になります。
主な打楽器
ドラムの演奏の入力で主に使うのは以下の打楽器です。
drum_f
名称 オクターブ 鍵盤
バスドラム o2 d
スネア o2 r
ハイハットクローズ o2 f+
クラッシュシンバル o3 d+
ドラム譜上の「音程」とMuse打楽器の「鍵盤」は一致しませんのでご注意!

「ドラムの視聴」画面
各打楽器に対応するオクターブと鍵盤は「ドラムの視聴」画面で確認できます。 drum_w

基本8ビート

drum2
8beatpt

バスドラムの踏み方が変わってたり、シンバルがじゃーんと入ったり、タム類でオカズが入ったりと多少のバリエーションはあるものの、 上の3種の打楽器はだいたいいつもワンセットで動いています。

記述例
ドラムは、打楽器ごとにフィンガーを分けて書くのが一般的です。
上のパターンを Muse記述で単純に書けばこうなります。

@Z P1 ;ドラムセット1番

#Z0 o2|f+8f+f+f+ f+f+f+f+| ;ハイハット
#Z1 o2|_4r _r| ;スネア
#Z2 o2|d4_ d_| ;バスドラム

8beat_mus

ドラム・セットの選択

(大文字)P値

Zメンバーに限り、P(音色)は「ドラム・セットの選択」になります。
設定範囲

音源によって、音が出せるナンバーは異なります。
Museの「ドラムの視聴」画面では GS準拠。

  • P1 Standard
  • P2 Tension (XG音源では出ないことアリ)
  • P9 Room
  • P17 Rock
  • P25 Electron
  • P26 Analog
  • P33 Jazz
  • P41 Brush
  • P49 Classic
  • P50 Ethnic (XG音源では出ないことアリ)
  • P57 SFX
初期値
P1 Standard
記述例

@Z P1 ; ドラムセット 1. Standard