( ' ◇ ' )

音楽ソフトMuse講座 ~テキストエディタでDTM~

MIDIや記述テクニックの観点からの『音楽ソフトMuse』解説を目指してます。Museの取り扱い説明書と併せて活用していただければと思います。
※ここはユーザーのひとりが「勝手に」立ち上げてるサイトです。こちらについては、公式サイト(&管理人さん)・開発者さんへのお問い合わせはご遠慮ください。

【MIZの本日も安上がりに素晴らしい一日】最新記事

テキストファイルが音楽に変身!音楽ソフトMuse講座

テキストファイルが音楽に変身! 音楽ソフトMuse講座 DTM MIDI テキストエディタ

演奏に表情をつける 入力の効率を上げる 記述の応用で表現の幅を広げる

【更新記事】

(`・ω・´)ゞ『音楽ソフトMuse講座』のトップページとカテゴリを大幅に大改造いたしました! トップとサイドから操作の目的が一気に辿れるようにしました。 ただ、まだ過去の記事を書き直すまでには至ってません(汗) 少しづつコンテンツを追加しつつ過去記事もリライ
 …続きを読む
前回までで耳コピのためのコード進行ルールのお話をしてきました。 しかし(・_・)この「理屈によるコード進行」も、まずは「調性」が解らないと出来ないのです。トニックのコードの根音がどれになるのか……それが解らないと先に進めません。 「ドレミファソラシ」は「cd
 …続きを読む
コードについてのお話、その3です。 三和音コードを違うものにしてみる セブンスコード ドミナントがセブンスコードになってると、トニックへ戻ろうという性質がいっそう強くなるようです。 セブンスコードを使ってみる.wav 『セブンス』は三和音に更に半音で3つ
 …続きを読む

無料DTMソフト【音楽ソフトMuse】とは?

テキストで音符を記述し、MIDIで演奏させるDTM音楽ソフトです。
楽器を実際に弾けなくても、手軽にバンド曲やオーケストラ曲が作成できます。
【 ※ Windows 専用 】

音楽ソフトMuse

  • MIDI ファイル作成
  • VSTi ・サウンドフォント使用可
  • Waveファイルとのミキシング
  • 対応声音源での歌唱
などの多彩な表現が可能です。

→ 思索の散歩道
【MuseDLサイト】

この【3つだけ】あればタダでDTMが始められる!

Museで音楽データを作るために揃えるものは3つだけです。曲の制作に必要なモノは無料ですべて揃います!

  1. Muse本体
  2. テキストエディタ
  3. MIDI音源
音楽ソフトMuse

Museではテキストエディタで曲のコントロールすべてを行います。
市販の曲制作ソフトのような難しい操作を憶える必要は一切ありません。

また出来上がりが文字だけのテキストファイルなので、曲データは数 KB ~ 数10KB のとても小さなサイズで済みます。

再生用の音源には、お好みの VSTi・サウンドフォントを使用できます。

音楽ソフトMuseで曲を作るにあたってお約束ごと

半角で記述

Muse での記述は、必ず半角文字で書きます。全角文字、スペース、改行は演奏されません。

大文字と小文字

Museでは、大文字記述のものと小文字記述のものとでは機能の働きがまったく違います。
「 V と v 」 「 P と p 」 など紛らわしいモノもありますので、それぞれの役割をしっかりアタマに入れておいてくださいねー。

大文字

大文字アルファベットは、演奏パート単位(MIDI ch 単位)の情報を表します。

  • コマンド
  • コントロール
  • 音色
  • 波形加工
などがあります。

小文字

小文字アルファベットは、音符の情報を表します。

  • ドレミファソラシ
  • 音符の長さ、休符
  • 強弱
などがあります。

また、演奏表現に係る記号類(タイや和音)なども、この中に含まれます。


ダウンロード 関連サイト マイサイト

↑このページのトップヘ